アマゾンプライムが値上げ!それでも580円得する方法を解説

アマゾンプライムの値上げが
2019年4月12日に発表されました。

金額にして年間1000円の値上げ^^;

私はアマゾンにヘビーユーザーで
プライム会員のメリットを享受しています。

ですので、
年間1000円に値上げは
そのメリットを考えれば
許せる範囲ではあるんですよね。

ですが、値上げ分を
少しでも安くできる方法がないかなと
思われる気持ちもわかります。

そんなあなたにお伝えいたします。

なんと値上げにもかかわらず
580円得する方法があるんですよ。

スポンサードリンク

アマゾンプライムを580円割引するには?

さて、
アマゾンプライム会員の年会費は3900円から
4900円へと1000円アップしました。

ですが、
年間4320円で済ます方法あります。

ということは

4900-4320=580円

となりますので
580円得する方法となります。

580円という少額ではあります。

ですが、
10年間で考えますと
5800円となりますよね?

1回位飲みにいける金額なわけです。

やらない理由はありませんよね?

その方法は

アマゾンのクレジットカードを使う

という方法なんです。

どのカードを使うのか?

アマゾンには

クラッシックカードと
ゴールドカードと呼ばれるものがあります。

そのゴールドカードを使うんですね。

ゴールドカードですので、
年会費が発生します。

2019年4月12日現在で
その年会費は10,800円です。

ただし、このカードを持っていると
アマゾンプライムの年会費が無料なんです。

結構太っ腹ですよね。

これだけですと
全然お得じゃないですよね?

ただし、このカードで

① マイ・ペイすリボ
② カードご利用代金WEB明細書サービス

の利用登録をすると
カードの年会費が割引されます。


スポンサードリンク

割引される方法

割引の構成を
1つ1つ説明しますね^^

① マイ・ペイすリボ

これは簡単にいいますと
リボ払いです。

ですが、
リボ払いでの手数料を
支払いたくないですよね?

実はリボ払いには裏技があるんですよ。

リボ払いにしてあっても
事実上一括払いにすることができます。

やり方としては

リボ払いの最低支払い額を
カード使用限度額にしておけば
いいんですよ。

そうしますと、
限度額までの支払いが一回払いとなって
実質手数料無料で使用できるんです。

ちなみにAmazonゴールドカードの場合は
最低支払い金額は1万円からです。

この限度額を引き上げる設定をすれば
いいだけなんですね。

これだけで年会費の半額に相当する
5400円の値引きになります。

② カードご利用代金WEB明細書サービス

これは

請求額を通知する郵送を
メール通知にするサービスです。

カードご利用代金WEB明細書サービスを利用する、
カード利用で年間6回以上の請求がある

これを満たしますと
1,080円の割引が適応となります。

アマゾンでプライム会員の方ですと
最低でも月に1回はご利用されるはず。

そう考えますと
このハードルは高くなく
意識するほどもないでしょう。

翌年度の年会費に適応となるため、
こちらは2年目以降の割引となります。

詳細は以下となります。

⇒ 年会費割引について/三井住友カード

ということで
これまでの話をまとめますね。

アマゾンゴールドカード年会費    10800円
マイ・ペイすリボ利用割引      -5400円
カードご利用代金WEB明細書サービス  -1080円

合計金額               4320円

よって、
4320円がカードの年会費で支払う金額です。
その上でプライム会員の年会費は無料です。

プライム会員は今後4900円です。

ということは

4900円-4320円 = 580円

なんとカードを持った方が580円安く
プライム会員になれるわけです。

ならない理由って考えられますか?

まあ、確かに

カードご利用代金WEB明細書サービス  -1080円

これは翌年度からですので、
初年度はプライム会員として
年会費を支払った方が得です。

ですが、
次年度からはあきらかに
安いわけなんですよ。

そんなカードは以下となります。

Amazon Mastercard ゴールド

まとめ

アマゾンのプライム会員の年会費は
値上げされました。

ですが、
アマゾンのゴールドカードを持つことで
実質580円の値引きでプライム会員になれます。

チリも積もれば山となる

たかが580円されど580円。

ぜひとも有効活用してくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加